魔法使いの弟子たち 上

井上夢人/講談社文庫/676円/2013.4.12.読了

 久々の井上夢人です。
 地方都市で起こった感染騒ぎ。取材のため訪れた主人公だが、自らが感染し生死の境をさまようことに。致死率90%を超える病から生還した彼が得たものは“千里眼”だった。
 何百人もの人の生命を奪ったこの感染症から生き延びたのはたった4人。そのうち一人は意識不明の状態が続き、3人のうちひとりは千里眼、ひとりは念動力、ひとりは若返り、といわゆる超能力を手に入れます。上巻は感染症の騒動と大学病院に隔離された主人公たちが自らの能力に気付き、医師たちスタッフにそれを伝えていくプロセスが描かれています。
 以前から感じていましたが、井上夢人のシミュレーションは秀逸。“WHAT IF”の世界が克明です。

評価 良
[PR]
by susitaro522 | 2013-04-12 01:13
<< 魔法使いの弟子たち 下 地のはてから 下 >>