船上にて

e0014175_2214252.jpg若竹七海/光文社文庫/533円/2007.7.18.読了

 若竹七海の短編集です。“時間”“タッチアウト”“優しい水”“手紙嫌い”“黒い水滴”“てるてる坊主”“船上にて”の9編が収録されています。若竹七海だけあって、ラストにひねりの聞いた話が多いですね。病的な手紙嫌いで今まで絶対に手紙を書かなかった主人公が、必要に迫られて本屋で手に取った手紙の書き方の本。うちに帰ってよく見たら、「実践・特殊手紙文例集」というタイトルで、書かれている例は脅迫状やら怪盗の予告状やら…という“手紙嫌い”がおもしろかったです。「実践・特殊手紙文例集」、私も欲しいです。作者もこの文例を考えるのは楽しかったことと思いますです、ハイ。

評価 良
[PR]
by susitaro522 | 2007-07-18 17:58 | ミステリ
<< 水に描かれた館 嘘つきアーニャの真っ赤な真実 >>