働きマン 1

e0014175_2222910.jpg安野モヨコ/講談社/514円/2007.9.29.読了

 本屋で平積みになっていました。10月からドラマ化されるのですね。働く女性を描いた「火消し屋小町」がサイコーにおもしろかったので読んでみました。
 男性誌の編集者・松方弘子(28)は、がむしゃらでオンナを捨てた働き振りから“働きマン”と呼ばれている…なんですけど、ストーリーがごちゃごちゃして分かりづらいです。若い女性の編集者から担当を代わった小説家に、ヒット作をもたらす話は良かったです。

評価 可 
[PR]
by susitaro522 | 2007-09-29 13:02 | マンガ
<< 笑う警官 甘い生活 1 >>