カテゴリ:森 奈津子さま( 12 )

魔女っ子ロージー

e0014175_1230772.jpg森 奈津子/徳間文庫/638円/2012.2.6.読了
[PR]
by susitaro522 | 2012-02-06 21:09 | 森 奈津子さま

スーパー乙女大戦

森 奈津子/徳間書店/1700円/2011.4.12.読了
[PR]
by susitaro522 | 2011-04-12 20:38 | 森 奈津子さま

二人のひとりあそび

e0014175_1349437.jpg森 奈津子/徳間文庫/571円/2009.12.7.読了
[PR]
by susitaro522 | 2009-12-07 21:30 | 森 奈津子さま

夢見るレンタル・ドール 恋の巻

森 奈津子/徳間書店/1600円/2009.5.3.読了
[PR]
by susitaro522 | 2009-05-03 00:48 | 森 奈津子さま

夢見るレンタル・ドール 色の章

e0014175_1228391.jpg森 奈津子/徳間書店/1600円/2009.4.12.読了
[PR]
by susitaro522 | 2009-04-12 13:07 | 森 奈津子さま

先輩と私

e0014175_1934422.jpg森奈津子/徳間書店/1600円/2008.6.24.読了
[PR]
by susitaro522 | 2008-06-24 13:02 | 森 奈津子さま

愛と青春のあぶない学園

e0014175_17272793.jpg森 奈津子/文鳥出版/1000円/2007.1.1.読了

 「年末年始に読む本」
 …と言うわけで、2007年は森奈津子さまの御著作で幕開けです。コミケで入手したのは、3冊。ギャグを楽しんでいるうちに読み終わってしまいました。楽しい時間は早く過ぎ去るのです。
 このシリーズの舞台になっている学園は、同好会・サークル・部を簡単に立ち上げることができます。その代わり、監査役の生徒がいて、また簡単につぶされてしまうのです。3冊とも物語は蛍子(ケーコ)・祐介・健太の3人がサークルを立ち上げ、つぶれされるというストーリーにレズ・ゲイ・バイ・ノンケの登場人物たちが繰り広げるどたばたで展開します。ケーコが立ち上げたサークルは、あやとり研究会・犬飼育研究会・もてる方法研究会です。どんな奇矯な状況に陥っても、表面上は落ち着いているヒロイン・ケーコがとてもよいです。
 「愛と青春のあぶない学園」の最高のギャグはクリオネ。突然クリオネの魅力をとうとうと語ったかと思うと、お茶漬けにして食べたいというシュールなギャグです。やっばり、私、森奈津子さまのコメディ好きです。
 元旦から、このブログに来てくださった方ありがとうございます。今年もどんどん読みます!

評価 良
[PR]
by susitaro522 | 2007-01-01 17:35 | 森 奈津子さま

あぶない学園キケンな少年

e0014175_15325114.jpg森 奈津子/文鳥出版/1000円/2007.1.1.読了

 「あぶない学園シリーズ」の続きです。
 このシリーズの登場人物を、森奈津子さまご本人のあとがきから引用すると
 一人称「わたし」で重々しい性格のレズビアンの少女ケーコ。(この物語の主人公。ケイコとイも発音して欲しい)
 南国風美少女で女王様タイプの花夜子
 花夜子の手下、バイでM男役に徹している政
 容姿だけは完璧にかっこいい祐介(…義務教育に行ったことがなく非常識)
 花夜子そっくりの美少年・健太(祐介に言い寄られる)
 野球部のスター選手・学(平凡な容姿ながらモテモテ)
 その他にも個性豊かな登場人物がたくさんです。わたしのお気に入りは生物部で愛するネズミにアルジャーノンと名づけた悲劇の少年、末広(そんな名前付けるなよ…)。
 森奈津子さまはレモン文庫から出版され、現在絶版になっている過去の作品を同人誌として年2回復刊されているそうです。通販でも手に入れることができます。森奈津子さまのサイト“森奈津子の白百合城”はコチラ

評価 良
[PR]
by susitaro522 | 2007-01-01 15:33 | 森 奈津子さま

あぶない学園大さわぎ

e0014175_1345611.jpg森 奈津子/文鳥出版/1000円/2007.1.1.読了

 2006年12月30日東京ビックサイトで開催されていたコミックマーケットに出向き、入手いたしました。そして、森奈津子さまのサインもいただきました。
 サインは「西城秀樹のおかげです」にしていただいたのですが、自分の名前を入れてもらうのに、メモ帳に記名しようとしたら緊張で手が震えてなかなか書けませんでした。森奈津子さまの隣にいた男性が「(緊張しないように)文鳥だと思って」とおっしゃいましたが、文鳥が本を売っていたら余計に緊張しそうです。
 「あぶない学園大さわぎ」は学園を舞台にしたコメディ。ギャク満載です。本人はおもしろいことを言っているつもりではないのに、微妙にズレている会話が絶妙です。

評価 良
[PR]
by susitaro522 | 2007-01-01 13:04 | 森 奈津子さま

踊るギムナジウム

e0014175_0512944.jpg森 奈津子/徳間書店/1500円/2006.12.24.読了

 森奈津子さまの新刊です。ゲイをテーマにしたコメディ短編集。
 “魔女っ子ロージー”…60~70年代のアニメを髣髴をさせるコメディ。魔法の国の王女様のやることってちょっとずれているんですよね。
 “実験台のエレベーター”…名作“エロチカ79”のゲイ版。名セリフ「後生ですからといえば、緊迫です」はなかったです。
 “マゾ界転生”…名作「哀愁の女主人、情熱の女奴隷」のゲイ版。ハンナちゃん→ハンスくんになっております。
 “踊るギムナジウム”…美少年といえば、ギムナジウム。本音と建前をミュージカルで使い分けるギムナジウムが舞台です。
 デパートの中の三省堂に3冊入っていました!3日後行ったら、1冊になっていました。私以外に森奈津子さまのファンがいるようです。

評価 良
[PR]
by susitaro522 | 2006-12-24 11:21 | 森 奈津子さま