深夜食堂 6

e0014175_9283678.jpg安倍夜郎/小学館//743円/2012.9.7.読了

 6巻です。
 登場する食べ物は、豚バラトマト巻き、麦茶、キューリ、生姜焼き定食、ガリガリ君、コンソメスープなど。
 この店にくるお客さんは仲が良いのです。そして、ひとりがなにか新しいものを注文すると、それがブームになる傾向にあるのです。
 …人みしり、人間嫌いのひとには、敷居が高いかも。なんて思いました(笑)。

評価 良
[PR]
# by susitaro522 | 2012-09-07 10:37 | マンガ

深夜食堂 5

e0014175_9275165.jpg安倍夜郎/小学館/743円/2012.9.7.読了

 「深夜食堂」。職場のTさんが、続きをどどんと貸してくれました。ありがとう、Tさん。
 5巻に登場するのは、
 同じアニメが好きなことで意気投合した2人の男…しかし彼らの正体は…とか
 不倫のカップルが仲よく店に通うが男の妻にばれ・・・とか、
 娘が幼いころに離婚した男。年頃になった娘と再会するが、娘はフーゾクに転落…とか
 町の中でありふれた人々の生活の暖かな断面を食べ物に絡めて描いています。登場するのも、ナポリタンとか餃子とか缶詰を熱いごはんに乗せて…などのふつーのでもつい食べたくなるものばかりです。
 うーん。食べ物はともかく、私の生活とは全然接点がないぞー。

評価 良
[PR]
# by susitaro522 | 2012-09-07 10:18 | マンガ

ツナグ

e0014175_9272031.jpg辻村深月/新潮文庫/630円/2012.9.4.読了

 死者に再び会わせてくれる使者“ツナグ”。この本は、亡くなった人に会いたいという人の思いと一晩だけ(月が出ているあいだだけ)の再会を描いた連作短編集です。
 “ツナグ”には細かいルールがあり、その縛りが読んでいて「やるな!」と思わされます。つまり、人生で死者に会えるのは一度だけ。そして、死者の側も会えるのは一度だけ。なので、後でもっと会いたい人が現われるかも、と思ったらなかなか決断できないし、死者の側もこの人に呼び出してもらいたいと思ってもそれが叶わないこともあるし。
 それと、使者“ツナグ”が依頼人と会うのは必ずある病院の中庭で、死者と会うのはとある高級ホテルの一室。というのも、読んでいて、どんな理由が…と謎を深めます。
 死者と会わせてくれる使者“ツナグ”は、顔立ちが整った男子高校生。依頼人の立場から描かれた前半では、彼は冷静で謎めいた存在ですが、“ツナグ”である彼自身の側から描かれた後半で、さまざまなことが反転します。この鮮やかさ、伏線の見事さはさすが辻村深月ってカンジ。登場人物たちの心理描写もさすがってカンジ。
 解説にも書かれていましたが、今までの彼女の本と印象が違いました。辻村深月は「名前探しの放課後」以前と以後では作風が変わったと思ったけど、第3期に突入でしょうか。どんどん成長し、円熟していくのですね。でも、初期の作品が一番好き…。

評価 良
[PR]
# by susitaro522 | 2012-09-04 23:07

顔のない敵

e0014175_9265290.jpg石持浅海/光文社文庫/533円/2012.9.1.読了

 「顔のない敵」も秋田の書店で発見。これで、現在出版されている石持浅海の文庫&新書はすべて制覇!です。
 本のタイトル「顔のない敵」が示す対人地雷をモチーフにした連作短編集。
 対人地雷を撤去するNPOの職員が、資金集めのためのデモンストレーションで爆死する話とか一定期間が経つと機能を失う地雷を開発した日本の会社の中で起こった殺人事件とかカンボジアを舞台にNPO職員が殺される話とか地雷に対する抗議運動でトラバサミを日本のどこかに仕掛ける過激派の話とか資金援助の依頼に訪れたイギリス企業の中で起こった殺人事件とか、1つのモチーフでバラエティに富んだミステリが読めます。
 この本にはあとがきが収録されています。対人地雷をミステリに取り入れようと調べたところ、気軽には取り組めないテーマであることに気付き、作品がたくさんになったとのこと。このいきさつが興味深がったです。石持浅海って真摯な人柄ですね。

評価 良
[PR]
# by susitaro522 | 2012-09-01 17:53 | ミステリ

セリヌンティウスの舟

e0014175_9261722.jpg石持浅海/光文社文庫/495円/2012.8.31.読了

 石持浅海の初期の作品。ずっと読まなくちゃ、と思っていたけど近所の書店には置いてなくて。出張で行った秋田の書店にありました。ビバ!地方書店。
 遭難して死に掛けたところを切り抜けたという体験を共有したことをきっかけに、強いきずなで結ばれた6人の男女。その中の一人の女性が青酸カリを飲んで自殺した。彼女の死について残された謎を仲間たちが解いていく…彼女はほんとうに自殺したのか。殺されたとしたら、一体だれが?
 青酸カリの入っていたガラス瓶が床に転がっていた。
 彼女の唇に青酸カリが付着していた。
 6人の中で、結婚するペアが出てきた。
 細かい条件を積んでは崩し、知性だけで謎を解き明かす。そして、現実っぽいけど現実にはないんじゃないと思わせる設定と人物造形。いかにも石持浅海ってカンジでした。
 太宰治の「走れメロス」の親友・セリヌンティウス。言葉で説明しなくても、信じ抜ける関係性の象徴として使われています。

評価 良
[PR]
# by susitaro522 | 2012-08-31 23:42 | ミステリ

悶絶スパイラル

e0014175_14365736.jpg三浦しをん/新潮文庫/590円/2012.8.31.読了

 本屋大賞おめでとう!の三浦しをんのエッセイです。
 弟さんと2chの「電車男」で盛り上がる
 電車の中で、怒りまくる小学女児を観察する
 父と野球観戦に行く
 カラオケで、友人とキンキキッズについて考察する
 オダジョーの“シャツがイン”に興奮する
…などなど。いわゆる日常エッセイなのですが、なんでもない日常を三浦しをんというフィルターに通すと摩訶不思議。爆笑の連続です。
 編集者の罠により、なんでもベストテンなるページもあります。マンガに向けた深い愛を感じます。
 それにしても、エッセイを読むと、ぐたぐた過ごしているとしか思えない三浦しをん。この人が「風が強く吹いている」とか「舟を編む」を書いた人と同一人物とは思えません。綿密な取材はいつの間に行っているのでしょう…。

評価 良
[PR]
# by susitaro522 | 2012-08-31 18:24 | エッセイ

ある少女にまつわる殺人の告白

e0014175_14361699.jpg佐藤青南/宝島社文庫/600円/2012.8.30.読了

 友人が貸してくれました。Tさん、ありがとう!
 ある少女をめぐる忌まわしいできごと。長崎県の児童相談所所長に10年前のことをインタビューする…ところから始まり、児童虐待の疑いのある事例について語られます。疑惑はあるものの決定的な証拠に掛けるために、生ぬるい対応しかできない児相。所長の隈部は、被害者の少女に惹かれ、なんとか救おうとするのだが…。
 狡猾に少女を虐待する義父、義父に取り込まれ児相の職員までも欺く実母。という虐待の現実をこれでもかと読者につきつけます。新人とは思えない描写力でした。解説には、インタビューで構成されたDVという本の構成が、湊かなえを連想させるというようなことが書いてありましたが、私は真梨幸子を連想。被害少女が実はモンスターというラストに違いないと疑いながら読んでしまいました。すれっからしの読者です…。

評価 良
[PR]
# by susitaro522 | 2012-08-30 22:42 | ミステリ

深夜食堂 4

e0014175_12264521.jpg安倍夜郎/小学館/780円/2012.8.21.読了

 で、4巻です。
 登場するメニューは“うなぎのタレ”“豚足”“冷やしトマト”“やっこ”“串カツ”“秋ナス”“冬至のカボチャ”などなど。
 “深夜食堂”の大将の料理はとってもおいしそうです。しかも、注文した料理はたいてい作ってくれるし、どんだけ大きい冷蔵庫なのー!ってカンジ。なかには、注文されてから、本を読みつつ“ビーフストロガノフ”を作る、とか、食パン持ち込みで“タマゴサンド”を作るなんてのもありますが。なにを注文されても、料理が出てくる…って、ドラマ「ヒーロー」のレストランのマスターを思い出しました。
 「深夜食堂」はドラマ化されてましたね。深夜。やってることは知っていたのですが、見ませんでした。見ればよかった…。小林薫は、マンガの大将とはイメージが違うけど、彼が演じる「深夜食堂」。よかったでしょうね。

評価 良
[PR]
# by susitaro522 | 2012-08-21 20:53 | マンガ

深夜食堂 3

e0014175_12272628.jpg安倍夜郎/小学館/780円/2012.8.21.読了

 3巻です♪
 並んだメニューは“鍋焼きうどん”“ゆでたまご”“唐揚げ”“魚肉ソーセージ”“春雨サラダ”“ビーフストロガノフ”。それから“はんぶんこ”なんてのもあります。
 “深夜食堂”では、さまざまな出会いが…。けっこう惚れっぽい女性が多く、また尽してポロポロになる女性も。男も純情をささげるってタイプが多いです。水商売に従事する女性客率が高いからでしょうか。
 シンプルが画なので、100%美女って感じじゃないですが、笑顔がきれいでいわゆる男好きがする女性がよく登場します。
 常連どうしの交流もよみどころ。誰かがおいしそうなものを注文すると、他の人たちも次々に同じものを注文する。人気のあるメニューは早い者勝ち。楽しそうです。

評価 良
[PR]
# by susitaro522 | 2012-08-21 20:35 | マンガ

深夜食堂 2

e0014175_12274484.jpg安倍夜郎/小学館/780円/2012.8.21.読了

 4冊貸してくれたので、一気読みです♪
 2巻で並んだメニューは“刺身のつま”“冷や汁”“タマゴサンド”“サンマの塩焼き”などなど。“割り箸”とか“トイレの客”とか“いただきます”なんてメニューもありました(笑)。
 “深夜食堂”を訪れる客たちは、サラリーマンやOLもいますが、水商売の女性たちやストリッパー、暴力団の方、AV男優&女優、料理評論家、ボクサー…多士済々ですね。職業だけでなく、縦じまの服しか着ない男と横じまの服しか着ない男も登場します。
 好みの料理も、料理も好みもさまざま。私は目玉焼きにも、魚のてんぷらにも、ポテトサラダにも、ウスターソースです♪

評価 良
[PR]
# by susitaro522 | 2012-08-21 20:13 | マンガ

深夜食堂 1

e0014175_12282459.jpg安倍夜郎/小学館/780円/2012.8.21.読了

 職場の人が貸してくれました。Tさん、ありがとう。
 街中にあるとある食堂。初老の男性1人でやっているこの店は深夜のみ営業。メニューはシンプルだけど、店に材料があればどんなオーダーにも応じる。そんな“深夜食堂”を訪れる客たちは…。
 人が主人公なのか、それとも料理か…料理の名前がタイトルになった短い話で綴られた短編マンガです。並んだ料理(名)は、“赤いウインナー”、“猫まんま”、“ナポリタン”、“目玉焼き”などなど。誰もが食べたことがあるなつかしい品々です。登場人物たちが一口食べて、「おいしー」という顔がなんともよいのです。

評価 良
[PR]
# by susitaro522 | 2012-08-21 19:58 | マンガ

デパートへ行こう!

e0014175_12324384.jpg真保裕一/講談社文庫/743円/2012.8.21.読了

 巨大ダムを舞台に、テロリストとの攻防を描き、映画化もされた「ホワイトアウト」の真保裕一の新刊。今度の舞台はデパートです。
 男に裏切られ、復讐をもくろむ女店員
 人生に失敗し、自殺を考えている男
 家出中の十代のカップル
 汚職事件に巻き込まれた元刑事
 女性客を食い物にして自殺に追い込んだことを後悔し、警備員に転職したデパートの元社員
 そして、老舗デパートの社長
などなどが、閉店後のデパートで、それぞれの思惑を持って右往左往…というグランドホテル形式の1冊。ラストのカタルシスに向かって、ドキドキわくわくを期待したのですが、…残念。登場人物たちのどれにも感情移入できず。長くて複雑に入り組んだストーリーを最後まで読むのが苦痛でした。
 強いて言うならば、職員堅気の警備員が魅力的?

評価 不可
[PR]
# by susitaro522 | 2012-08-21 07:31

天才までの距離

e0014175_12292236.jpg門井慶喜/文春文庫/590円/2012.8.17.読了

 この人の「おさがしの本は」が、おもしろかったので読んでみました。シリーズ第2作だけど、きっと大丈夫と信じたい。
 モノ(骨董品)の真贋を味覚で判別するオトコを軸にした連作短編集です。本物を前にすると甘く、偽物だと苦い…すごいですね。彼と関わりのある大学准教授を視点人物に、岡倉天心の絵、岩波文庫のデザイナーの切り絵、アンティークの時計などが登場します。
 岩波文庫の話、というかうんちくが興味深かったです。文庫のカバーを外すと出てくる表紙のデザインって、出版社ごとに特徴がありますよね。岩波文庫のソレは、蔦と葉、果実。レトロなカンジでステキです。
 味覚で見分ける美術探偵は、骨董品として(金銭的)価値がなくても、本物ならば甘く感じるという話がありました。“本物ってナニ?”という、考え方がなるほどと思いました。

評価 良
[PR]
# by susitaro522 | 2012-08-17 21:51 | ミステリ

胡蝶の鏡

e0014175_12301014.jpg篠田真由美/講談社文庫/724円/2012.8.16.読了

 美形の建築探偵・桜井京介のシリーズ。最新刊です。
 かつて関わり、駆け落ちの手助けをした女性が離婚の危機に。ベトナムに嫁いだ彼女は、夫の愛情を信じ切れず、離婚を決意するのだが、愛息子を残し失踪してしまう。夫の弟に頼まれて、ベトナム入りした京介と美晴だが…。
 えっと、駆け落ちした京都の旧家の女性のエピソードをまったく覚えていません。読んだはずなのに。ミステリとしては、ベトナムで女性が一人毒殺されるので、殺人事件あります。
 駆け落ちまでして結婚したのに、ものすごく冷たい夫、登場シーンでは人当たり良く物腰穏やかなのに、途中から別人格になってしまう夫の弟、キャラクターに一貫性がないのが、激しく気になってストーリーどころではありませんでした。オビには“篠田ミステリーの金字塔!”とあるのですが。
 というものの、シリーズのラストは見えているので、きっと読み続けてしまうと思います。

評価 可
[PR]
# by susitaro522 | 2012-08-16 22:15 | ミステリ

沈黙の画布

e0014175_12304685.jpg篠田節子/新潮文庫/840円/2012.8.9.読了

 大手出版社に勤める主人公は有名エッセイストに取り上げられた物故した画家に惹きつけられる。かつて美術雑誌の編集に携わっていた彼は、一生日の目を浴びず、市井の人々を描いた画家を取り上げようと、新潟の地に向かうのだが…。
 美術誌の編集者としての過去の栄光にしがみつく主人公。
 絵を買うことで画家を支えた地方の小金持ちたち。
 生家を捨て画家と結婚。彼を支え続けた妻。
などなど、人間の業が存分に描かれた1冊でした。自分の見ていないところで描かれた絵は「贋作」と言い切る妻がポイントです。その妻が著作権を握っているので、いろいろとままならない…という編集者の苦労が、個人的には興味深かったです。
 なんとなく、ストーリーが散漫な印象を受けましたが、細部の迫力はさすが篠田節子。

評価 良
[PR]
# by susitaro522 | 2012-08-09 05:13

絶望ノート

e0014175_12373662.jpg歌野晶午/幻冬舎文庫/838円/2012.8.8.読了

 歌野晶午の新刊。ぶ厚いです。
 いじめを受けている中学生・太刀川照音が主人公。「絶望ノート」と名付けられた彼の日記には、執拗に彼をいじめ続けるクラスメートの男子生徒達、ジョン・レノンにかぶれ生活能力のない父親、頼りにならない教師への恨みが綴られていた。ところが、石を「神」として、あがめ始めたところ、彼が望んだ人物が怪我したり死んだりし始める。「神」はほんとうに、彼の望みを叶えてくれるのか!
 「絶望ノート」に書かれた主人公の日記、それを覗き見た母親や主人公の学校の教諭など視点からの記述が入り乱れながら、物語が進んでいます。叙述トリックですね…。
 とにかく長い。そしていじめや恨みの記述が延々続きます。男の子たちのいじめには了解できましたが、女の子が彼を罠に掛けるのは、アリエナイ…と感じました。
 この本は、歌野晶午の代表作「葉桜の季節に君を思うということ」の直後に発表されたようです。ミステリの技術を詰め込んだ力作でした。

評価 良
[PR]
# by susitaro522 | 2012-08-08 18:36 | ミステリ

往復書簡

e0014175_11242088.jpg湊かなえ/幻冬舎文庫/600円/2012.8.7.読了

 湊かなえの新刊。吉永小百合主演の映画の原案とオビにありますが、吉永小百合と湊かなえがつながらず?
 書簡(手紙)で構成された4編が収録されています。
 “十年後の卒業文集”…高校の部活仲間の結婚式で久しぶりに会った友人から届いた手紙。音信不通になった女性の行方は…?
 “二十年後の宿題”…定年を迎えた恩師からの依頼。二十年前の教え子たちがどうしているか調べてほしい…そこには夫を失った教師の悲しみが隠されていた…。
 “十五年後の補習”…恋人が突然海外ボランティアに。外国の地から手紙を交わす恋人たちが、いつしか記憶を失った事件の真相にたどり着く…。
 “一年後の連絡網”…上記3編の後日談ってカンジの、1通の手紙でした。
 湊かなえにしては、ハートウォーミングって印象の1冊でした。“十年後の卒業文集”は、“気付かない”って言う設定はムリと思います。“二十年後の宿題”が映画の原案。たぶんかなり変えているとは思うけど、善意で行動しているつもりだけど、結果はそうはなっていない。そして、そのことを心に抱え続けるヒロイン(?)という複雑な役を吉永小百合が演じるのでしょうね。

評価 良
[PR]
# by susitaro522 | 2012-08-07 23:26

フリーター、家を買う

e0014175_12265291.jpg有川 浩/幻冬舎文庫/648円/2012.8.5.読了

 一気読みしました。超おもしろい!さすが有川浩!!
 二ノ宮くんが主演でドラマ化されましたね。ドラマとは少しずつ違っていました。
 大学卒業後、入社した会社になじめず3ヶ月で退社。実家に甘えてフリーター生活に。しかし、母親のうつ病がきっかけで、土木業でのアルバイトを始め、母親の治療に協力。現実を認めない父親と戦い&説得を続けつつ、近所からのいじめで発症した母親のために、家を買うことを決意した主人公…という話。
 主人公(と父親)の成長が読みどころ。就職した先の社長のキャラがとってもよいし、ドラマと違って女性社員が後半から登場するのも、ストーリーの展開がすっきりしてよかったです。正社員になってからの、主人公の活躍には目を見張るほどでした。こんなに能力のあるやつだったとは!
 有川浩、うまいですね。ぐいぐい引き込んできます。登場人物同士の掛けあいがいいのですよ。

評価 優
[PR]
# by susitaro522 | 2012-08-05 15:55

ブラックアウト 下

e0014175_1144873.jpgマルク・エルスベルグ/角川文庫/781円/2012.8.5.読了

 下巻です。
 継続する停電。そして、原発の事故まで起こり、街は放射能で汚染される。主人公は犯人の一味と疑われ、警察から追われ負傷。さまざまな困難に打ち勝ち、ヨーロッパに電気を取り戻せるのか?
 個人の生活と都市機能のほとんどを、電気に頼っている現代社会。電気を失ってしまうと、あっという間に暗黒の世界へ…というのが堪能できました。食べ物が手に入らなくなった街で、猫を殺すシーンが印象的。
 放射能汚染の記述では、“フクシマ”という単語が何度も出てきました。やっぱり世界的に注目される自称ですよね。そうですよね。フランスは原発先進国と言うことになっていますが、作者は容赦なくフランスの原発を事故のターゲットにしています。放射能におびえるパリ…。
 そして、主人公です。それまで、普通に暮らしていた人が、突如使命感に襲われ、超人的な活躍をするって、どうしてもウソ臭いと感じてしまいました。でも、読みながら応援はしてしまいましたけど。
 パニック小説は好きですが、ヨーロッパを舞台にしているせいか、イメージしづらかったので、感想はイマイチ。それと、コンピューター関係を理解できていないと、最近のパニック小説にはついていけないとも感じました。悲しい…。

評価 可
[PR]
# by susitaro522 | 2012-08-05 10:03

ブラックアウト 上

e0014175_11361980.jpgマルク・エルスベルグ/角川文庫/781円/2012.8.2.読了

 オビに“ダ・ヴィンチ・コード”を超えた!とあったので、迷いながらも購入。「ダ・ヴィンチ・コード」じゃなくて、「天使と悪魔」だったら迷わなかったかも…?
 ヨーロッパー全域を停電が襲う!という設定です。
 ・大規模な停電により人々の生活はどうなるのか?
 ・事故と思われていた停電だが、誰かが意図的に引き起こしているらしい。犯人の意図は?
 ・停電に対するEU諸国の対応は?
 というのが、ポイントでしょうか?
 いくつかの国にまたがって書かれているので、メインになる人物は複数いますが、主人公はイタリア人でハッカーの男性。ハッカーや政治的な活動で逮捕歴はありますが、コンピューターに精通した彼が、停電が偶発的な事故でないことを見抜き、犯人を追いつめます。
 電気のシステムやコンピューターに関する記述が多くて、なかなかイメージできませぬ。でも、買っちゃったので、下巻に進みます。

評価 可
[PR]
# by susitaro522 | 2012-08-02 11:58

横浜「佐藤さん」殺人事件

e0014175_21382767.jpg鯨 統一郎/小学館文庫/638円/2012.7.29.読了

 鯨統一郎の新刊です。
 港町横浜で私立探偵をやっている翔太。浮気を憎み、浮気をなくすことを願い、浮気調査に熱意を注いでいます。ところが、そこにやってきたのは、探偵志願の女性・マリン。かみ合わない会話のままに、マリンを探偵事務所で雇う羽目になり…。
 マリンと翔太のかみ合わない会話が読みどころで、事件自体はイマイチ?佐藤さんばかりが連続して殺され、佐藤さんに脅迫状が送られ、という連続殺人事件でしたが、佐藤さんが狙われる理由はそんなに大したことはありません。佐藤という姓が藤原氏に由来するというくだりは鯨統一郎っぽい?いやいやエキセントリックなヒロインが鯨統一郎っぽいです。

評価 可
[PR]
# by susitaro522 | 2012-07-29 07:51 | ミステリ

レッドデータガール 3

e0014175_12113116.jpg荻原規子/角川文庫/552円/2012.7.27.読了

 姫神が憑いている(!)少女・鈴原泉水子(すずはらいずみこ)が主人公の「RDG」の3巻です。
 和歌山県の山奥で育った泉水子。超常的な能力で苦しんでいる彼女が東京の寄宿高校に進学、徐々に学園生活にもなじんでくる。ところが、その学園自体が特殊な目的を持ったところで、学友たちも一風変わっている(式神を操ったり!)ことを知る…と言う設定。
 3巻では、生徒会の活動に参加することになった泉水子が、生徒会役員たちと友人の実家に合宿に行くことになって、そこでいろいろ起きるっていう展開でした。
 なんかちっとも惹きつけられない。ストーリーも泉水子も周りのキャラも。大人気の本だし、荻原規子の他の本は好きなので、読み続けてきましたが、そろそろやめドキかも。前の巻の内容を忘れたころに次の巻を読むのが敗因でしょうか。一気に読めばおもしろいのかな。

評価 可
[PR]
# by susitaro522 | 2012-07-27 17:54

リフレイン

e0014175_12345875.jpg沢村 凜/角川文庫/705円/2012.7.26.読了

 「黄金の王、白銀の王」の沢村凛。今度の舞台は宇宙!です。そんで未来!
 さまざまな星が連合を作っている未来社会。1隻の宇宙船が遭難。無人の星に漂着する。出身地も価値観も異なる人間たちは救援が届くまで、生き残ることができるのか!
 サバイバルと極限での人間関係は読みごたえがありました。ストイックなリーダー・ラビル。かっこいいです。犠牲者も出たけれど、無事に救出されてジ・エンド!と思ったら、ここまでが前半。殺人は絶対に許されないという星の出身であるラビルは、漂流の間に押し付けられた死刑執行人の役割のため、裁判に掛けられます。彼に助けられた仲間たちがラビルを救おうと手を尽くしますが、特異な価値観とラビル自身の抵抗に遭い…。
 壮大な舞台と克明な人間描写。すごいぞ、沢村凛。「瞳の中の大河」「黄金の王、白銀の王」「リフレイン」と、舞台を変えて、読み応えのある本を読ませてくれます。

評価 優
[PR]
# by susitaro522 | 2012-07-26 11:11

神津恭介への挑戦

e0014175_1234415.jpg高木彬光/光文社文庫/705円/2012.7.24.読了
[PR]
# by susitaro522 | 2012-07-24 23:20 | ミステリ

神津恭介の復活

e0014175_11231773.jpg高木彬光/光文社文庫/743円/2012.7.23.読了

 続けて読んでみました!「神津恭介の復活」です。なぜだかシリーズをさかのぼって読む羽目に…。
 大学時代の同級生の結婚式に出席した清水香織。新婦はモデルをやっていたほどの美人。資産家の次男から長男に乗り換えて結婚にこぎつけました。披露宴でケーキを運んできたホテルの従業員が、新郎(長男)を刺して逃走。その横顔は新婦に捨てられた二男だった!800人が出席する披露宴で衆人のもとでの殺人!から始まり、犯人(次男)の焼死による自殺。そして、新婦がバスルームの死体で発見される。真夏の室内で凍死した謎とは!
 とんでもなくドロドロした殺人が重なります。色と欲という古典的な動機が、今読むと新鮮。しかし、トリックはほんとうに実現可能なのか疑問です。動機も、そんな言葉に乗せられて殺人に手を染めるのか、疑問です。

評価 良
[PR]
# by susitaro522 | 2012-07-23 22:11 | ミステリ

神津恭介の予言

e0014175_11204435.jpg高木彬光/光文社文庫/781円/2012.7.21.読了

 高木彬光の「神津恭介シリーズ」が新刊で出ていたので、読んでみました。高木彬光って「人形はなぜ殺される」くらいしか読んだ記憶がありません。
 新宿の公園で、深夜、女性の死体が空から降ってきた!この謎に挑むのは東洋新聞の美人記者・清水香織。事件を追ううちに関係者が次々に殺されていき…。
 空から死体が降ってくる!というインパクトのあるシーンで、読者の心をつかみ、それを物理的な解決に落とし込むミステリ。島田荘司みたいです。というより、島田荘司が高木彬光に影響を受けたのでしょうか?
 主人公・清水香織が敬愛し、事件に協力してもらうことを願うのは、名探偵・神津恭介です。教授兼名探偵を引退し、熱海のマンションで学究生活三昧。老いても知的なハンサム。鋭い思考は主人公のハートをわしづかみ!です。

評価 良
[PR]
# by susitaro522 | 2012-07-21 19:11 | ミステリ

ひまわり事件

e0014175_1231117.jpg荻原 浩/文春文庫/752円/2012.7.18.読了

 老人ホーム「ひまわり苑」と幼稚園「ひまわり幼稚園」は隣同士で責任者は親子。院長は政治家で自分の票獲得のために、老人ホームと幼稚園の垣根を壊して、交流を試みるが…。
 老人たちと幼児たちの心温まるふれあい…なんて簡単に始まるはずはありませんね。老人側と園児側の視点で交互に書かれていますが、「うるさい」VS「怖い・うざい」で、お互いが意味不明で不気味な存在と認識しています。でも、それでは話が進まないので、徐々に歩み寄り。苑・園の中でははみ出し者の主人公たちの活躍が読みどころです。そこに、院長の政治的な思惑と老人たちを食い物にしていたことが絡んできて、最後は立てこもり!
 学生運動で、体制に反抗してきた人たちももはや高齢者。その辺が立てこもり事件につながるのですが、そこはちょっと飛躍していると感じました。勧善懲悪的なカタルシスが得られたかというと、う~ん微妙…。

評価 良
[PR]
# by susitaro522 | 2012-07-18 17:13

天狗童子

e0014175_21115010.jpg佐藤さとる/講談社文庫/648円/2012.7.17.読了

 笛の名手・与平の腕を見込んだ天狗が、子天狗・九郎丸を弟子入りさせた。カラスの羽でできた蓑を剥ぎ、人間の子どもの姿をして、いっしょに暮らし始めた九郎丸に情が湧いた与平は、九郎丸を人間として育てるために、思い切った手段を取るのだが…という、戦国時代を舞台にした日本のfantasyです。
 与平も九郎丸も、大物天狗たちも生き生きとして魅力的。実際の歴史に財を取ったお話も佐藤さとるにしては珍しいですね。
 しかし、オビにある「コロボックルを超えた!」は言いすぎと思います。
 久々の佐藤さとるの新刊。コロボックルシリーズも復刻しています。たくさんの人が佐藤さとるの本に触れる機会が増えてうれしいです。日本の宝ですよね~。

評価 良
[PR]
# by susitaro522 | 2012-07-17 04:05 | ファンタジー

八月の魔法使い

e0014175_15413013.jpg石持浅海/光文社文庫/619円/2012.7.16.読了

 理系な思考形態が楽しめる石持浅海の新刊。どんなミステリかと思ったら…。
 洗剤メーカーの経営管理部の社員・小林拓真は総務部の万年課長(退職間近)が部長に事故報告書を突き付けるのを目撃。同時に、同じ部員の拓真の恋人は役員会議の席上で操作していたパワーポイントに同じ事故報告書のスライドが紛れ込んでいたため、窮地に陥っていた…。
 えっと殺人どころが、犯罪行為はおきません。事故報告書の中身はなにか?そしてそれを役員会議に紛れ込ませた人間の意図と正体はだれか?が謎。というより、万年課長で無能力と判じていた人物が実はスーパーサラリーマンで、主人公の若手社員がどう立ち向かうか、が眼目です。この2人の丁々発止のやりとりが緊迫感があってかつすがすがしいんです。
 そして、そこに登場するのが会社内のパワーバランスと企業の論理。論理的なミステリが特徴の石持浅海ですが、論理と言っても企業の論理。こんなミステリの書き方もあったのね、と目からウロコでした。

評価 良
[PR]
# by susitaro522 | 2012-07-16 10:02 | ミステリ

インビジブルレイン

e0014175_15404358.jpg誉田哲也/光文社文庫/743円/2012.7.15.読了

 ドラマが大好評の姫川玲子のシリーズです。
 このシリーズを初めて読んだときは、姫川のキャラクターがまったくイメージできませんでした。エキセントリックな性格なの?と思ってました。レイプされた過去を持っているエピソードが出たころから、だんだん共感できるようになってきました。で、ドラマ化。竹内結子はちょっとイメージと違う気もするけど、じゃあどんなカンジかというと、それには答えられず。ワンクール見続けたら、もう姫川玲子=竹内結子になっています。
 今回の本は暴力団がらみの事件+捜査に圧力+子どもの頃の虐待の記憶に苦しむ青年。そして、姫川玲子の恋。相手は暴力団の幹部でした。理性に反して惹きつけられる二人…。警察官とヤクザの恋。なんてありえない、と思いつつ、姫川玲子よりも、相手の男性・牧田の気持ちに共感してしまいました。ヤバイオンナに惚れちまったぜ。
 おそらくこの「インビジブルレイン」が映画化される様子。「ストロベリーナイト」は共演の男優陣がめちゃくちゃ豪華なので、楽しみです。スケジュールを合わせるのが大変らしいですね。牧田は大沢たかおだそうです~。ステキ~~~!!

評価 良
[PR]
# by susitaro522 | 2012-07-15 19:45 | ミステリ