顔のない敵

e0014175_9265290.jpg石持浅海/光文社文庫/533円/2012.9.1.読了

 「顔のない敵」も秋田の書店で発見。これで、現在出版されている石持浅海の文庫&新書はすべて制覇!です。
 本のタイトル「顔のない敵」が示す対人地雷をモチーフにした連作短編集。
 対人地雷を撤去するNPOの職員が、資金集めのためのデモンストレーションで爆死する話とか一定期間が経つと機能を失う地雷を開発した日本の会社の中で起こった殺人事件とかカンボジアを舞台にNPO職員が殺される話とか地雷に対する抗議運動でトラバサミを日本のどこかに仕掛ける過激派の話とか資金援助の依頼に訪れたイギリス企業の中で起こった殺人事件とか、1つのモチーフでバラエティに富んだミステリが読めます。
 この本にはあとがきが収録されています。対人地雷をミステリに取り入れようと調べたところ、気軽には取り組めないテーマであることに気付き、作品がたくさんになったとのこと。このいきさつが興味深がったです。石持浅海って真摯な人柄ですね。

評価 良
[PR]
by susitaro522 | 2012-09-01 17:53 | ミステリ
<< ツナグ セリヌンティウスの舟 >>