演じられた白い夜

近藤史恵/実業之日本社文庫/514円/2013.1.1.読了

 雪に降り込められた山荘で起こる連続殺人事件…といういかにも!なミステリです。登場人物たちが舞台関係者で、舞台の練習のために集った、ということと、脚本をなぞるように殺人が行われるということがミステリとしての特色でしょうか。
 でも、それよりもヒロインの心理描写に引きつけられます。さすが近藤史恵。初期の作品ということですが、やっぱりうまいですね~。

評価 良
[PR]
by susitaro522 | 2013-01-01 21:27
<< すれ違う背中を インタビュー・イン・セル 殺人... >>