インタビュー・イン・セル 殺人鬼フジコの真実

真梨幸子/徳間文庫/648円/2012.12.30.読了

 「殺人鬼フジコの衝動」って、50万部の売れたんですって!この本のオビに書いてありました。そう、これは「フジコ」の続編というか、変奏曲っぽいカンジです。
 読んでいくと、フジコはほとんど登場せず、フジコの従弟・下田健太がメインの人物。いえ、その下田健太の母親がメインです。人の心を操る天才的な才能を持った健太は、何人もの男女を監禁し殺人を犯す。その罪を裁く裁判を追って、テレビ、雑誌の記者たちは右往左往。健太の母親のインタビューを取ろうと、彼女の住まいである寂れた団地を引きも切らず訪れる…。
 母親に振り回され、いつしか団地に閉じ込められ、健太の手中に墜ちる女性雑誌記者の視点で語られるルこの本は、読んでいると、妙な気分に陥ります。真梨幸子の筆力のすごさですね~。そして、メインの主人公はダレ!?…ってことですが、ひょっとしたら団地かもしれません…。タイトルの“セル”は団地を表わしています。もともとは独房の意味だと書いてありました。細胞って意味もありますよね。
 「殺人鬼フジコの衝動」と突き合わせて読めば、おもしろさ倍増に違いないけれど、とっくに手放してしまったのです(涙)。

評価 良
[PR]
by susitaro522 | 2012-12-30 14:14
<< 演じられた白い夜 金田一耕助に捧ぐ九つの狂想曲 >>