トッカン

高殿 円/ハヤカワ文庫/760円/2013.2.28.読了

 ドラマ化された「トッカン」の続編です。内容はドラマのラストの話でした。
 税金を滞納していた食堂の店主が自殺。残されていた文書には、トッカン・鏡に恫喝され、追いつめられたという内容が!残された妻と税務署の天敵・勤労商工会の弁護士を相手に、ヒロイン・ぐ―子と鏡の級友の弁護士の活躍が始まる…というストーリーです。
 前作は連作短編集ってカンジで、税金を滞納する人たち(悪質な人もいるし、やむにやまれずという人もいますが)と新米税務署員・ぐ―子の関わりを通して、税務署で働く人のお仕事が勉強できました。今回は案件はひとつだし、税金の滞納自体にはあんまり焦点が当てられず、鏡が死の原因を作ったのか否か、がメインになっていたので、ミステリってカンジで読めました。
 そういうミステリとしての読み方もあるし、正義の味方を気取る弁護士のキャラを楽しむのもありだし、ぐ―子と鏡の関係の変化も読み取れるし、鏡の過去もだんだん明らかになるし・・・で、いろいろ詰まっていました。でも、一番心に残ったのは、女性が働くには(仕事の)スキマを探さないといけないというところです。

評価 良
[PR]
by susitaro522 | 2013-02-28 23:04
<< ヤンのいた島 ぼくとユーレイの占いな日々 >>