アナン、 下

e0014175_532797.jpg飯田譲治・梓 河人/講談社文庫/733円/2006.3.6.読了

 「アナン、」の下巻では、芸術的才能(タイルを使ったモザイク)を開花させたアナンが芸術家としての道を歩みだします。…と言っても、小学校を卒業したばかり、早熟ですね。人の告白を引き出し、その代償に身体の一部が青く染まったり青い砂や青い石を身体が生み出すアナンは“新しい人類”として描かれています。赤ん坊のころは無心だったけれど、自分の能力について葛藤するアナンの姿も下巻では登場します。
 飯田譲治の名まえは「ナイトヘッド」で知りました(昔やっていたドラマ。超能力を持った兄弟が主人公で映画化もされ話題になりました)。今の人類を超え、その先に行こうとする…というテーマは「アナン、」に共通しています。「アナン、」は最後の方は宗教チックですけどね。それにしても「ナイトヘッド」、豊川悦司と武田真治の兄弟が良かったです。今考えると、豪華~。

評価 良
[PR]
by susitaro522 | 2006-03-06 05:06
<< 青空の卵 アナン、 上 >>