後宮小説

e0014175_2224532.jpg酒見賢一/新潮文庫/476円/2006.5.5.読了

 ↓ で取り上げられていて、おもしろそうなので読みました。
 中国っぽい架空の国を舞台に、銀河という少女が田舎の村から後宮に入り、正妃となり、そして、反乱軍と戦う、というストーリーですが、主人公の銀河を始め、登場人物が個性豊かに描かれています。ちょっと物足りないけど、この作家の特徴かもしれません。あとがきは楽しかったです。
 実在の人物をモデルにしているんじゃないの?というリアリティーですが、全て作者の想像力の賜物のようです。第一回ファンタジーノベル大賞受賞作。

評価 良
[PR]
by susitaro522 | 2006-05-05 22:32
<< 阿修羅ガール 文学賞メッタ斬り! >>