仔羊の巣

e0014175_23281813.jpg坂木 司/創元推理文庫/686円/2006.6.26.読了

 ひきこもり探偵鳥井真一が登場する「青空の卵」に続く第二作です。
 “野生のチャシャ・キャット”“銀河鉄道を待ちながら”“カキの中のサンタクロース”の3編が収録されています。人と接することが苦手で攻撃的な態度をとってしまう、パニックになると子どもに戻ってしまう鳥井を心配して、気を配っている坂木。二人の関係は、私からするともどかしく、青臭い感じです。でも、解説で、有栖川有栖は「鳥井が好きになれないことこそ、このシリーズの眼目である」と書いています。私の読み方は読みが浅いのでしょうね。

評価 良
[PR]
by susitaro522 | 2006-06-26 23:28 | ミステリ
<< 失はれる物語 クッキング・ママは名探偵 >>