百万の手

e0014175_22211710.jpg畠中 恵/創元推理文庫/800円/2006.6.30.読了

 音村夏貴は14歳の少年。過喚起症候群の発作と父親そっくりな夏貴を溺愛・干渉する母親に悩まされている。同じ病院で生まれた親友の正哉一家を火事で失った夏貴は悲しみのどん底に沈むが、正哉の残した携帯電話から彼の声が聞こえてきて…。
 放火事件からの謎を追ううち、夏貴を襲うものが現われ、さらに自らの出生の秘密も明らかにされていき・・・という盛りだくさんなミステリ。登場人物たちの性格が一貫しないのと、後半になるほど説明が多くなりそのくせ話のつながりが不自然…う~ん、イマイチです。

評価 可
[PR]
by susitaro522 | 2006-06-30 22:22 | ミステリ
<< コーマ 失はれる物語 >>